--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.0814:42

困窮者の自立が課題=「公設派遣村」で-山井厚労政務官(時事通信)

 政府の貧困・困窮者支援チームの主査である山井和則厚生労働政務官は4日、記者会見し、年末年始に住まいがない求職者に宿泊場所などを提供する東京都の「公設派遣村」について、「これからどう(求職者の)自立に結び付けるのかが大きな課題だ」と強調した。
 山井政務官はまた、この取り組みを今年末以降も実施するかどうかに関し「(求職者が生活保護の受給者になった場合に)受け入れる東京都などの声も謙虚に聞く必要がある」と述べ、自治体の意見も聞いた上で判断する意向を表明。ただ、「試行錯誤でさまざまな課題はあるが、今回実施しない方がよかったという人は一人もいない」と語った。
 一方、2008年の年末に都内の公園にできた「年越し派遣村」の村長で、現在は内閣府参与の湯浅誠氏は同じ会見で、今後の貧困・困窮者対策の課題として、行政と民間非営利団体(NPO)などの連携強化を挙げた。 

【関連ニュース】
都の「公設派遣村」延長へ=2週間程度、833人宿泊
春闘、賃金水準の維持目指す=鳩山政権は国家像示せ
日系ブラジル人、増える帰国者=不況が直撃、学校閉鎖も
「派遣村」再現阻止を強調=失業者支援施設を視察
「公設派遣村」スタート=「条件厳しく」批判も

どこまでも続く
花のある生活
ショッピング枠現金化
自己破産
競馬情報
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。