--.--.----:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.04.2406:11

生活センター理事長、結局政務三役が選ぶ(読売新聞)

 福島消費者相は19日、空席が続いていた消費者庁所管の独立行政法人「国民生活センター」の理事長について、政務三役で選んだ京都弁護士会所属の弁護士、野々山宏氏(54)をあてることを決めた。

 20日の閣議で承認後、正式に決定する。理事長人事を巡っては当初実施された公募で応募者全員が「不適格」とされたが、一連の選考過程は明らかにされておらず、識者から「不透明」との批判が上がっている。

 野々山氏は京都産業大教授で、京都消費者契約ネットワークの前理事長。

 同センターでは前理事長が今年2月、任期途中の3月末で退任する意向を明らかにしたため、消費者庁が公募の方針を発表。公務員OBや弁護士など計33人の応募があったが、外部の選考委員会が「適任者がいない」と判断し、4月1日から理事長不在となっていた。

 福島消費者相は、3月30日の記者会見で「選考委員全員が納得する人がいなかった」と説明したが、選考基準や選考委員の個人名、応募者の内訳などについて一切は明らかにしなかった。

 野々山氏については政務三役が選んだ後、改めて選考委にはかったといい、福島消費者相は「公募がベストだが、理事長不在の長期化を避けるため政治的に判断した。最終的に選考委を通しているので公平性は確保されている」としている。

 ◆あいまいな選考基準◆

 独立行政法人の役員人事を巡っては、鳩山内閣が昨秋、「透明性を確保する」との名目で公募制をスタートさせたが、政治家などの判断で決まるケースは他にもあり、選考基準のあいまいさがぬぐえない。

 農林水産省所管の「農業・食品産業技術総合研究機構」の理事公募では、応募者5人全員について選考委員会が「適任者なし」と判断。理事長が新たに2人を推薦し、赤松農相との協議で農水官僚を出向させることを決めた。経済産業省所管の「石油天然ガス・金属鉱物資源機構」理事の場合も4人が応募したが、「適任者なし」となり、今月17日付で財務官僚が出向した。

 ほかにも、厚生労働省所管の「福祉医療機構」理事について昨年と今年の2回公募され、選考委は2回とも元厚労官僚を「適任者」として選出したが、長妻厚労相が認めず、ポスト自体を廃止している。

舛添氏トップ維持、鳩山首相は5位=2位に菅、渡辺氏並ぶ-次期首相候補(時事通信)
事務系副大臣を検討 仙石氏、次官廃止し官僚起用(産経新聞)
<絵はがき>正岡子規の孫、子規の叔父・加藤拓川コレクションの一部公開計画 (毎日新聞)
牛肉輸出を一時停止=農水省(時事通信)
日本の人口、2年連続減…本格的減少時代へ(読売新聞)
2010.04.2115:53

こちらのシャトルは現役続行=北九州市〔地域〕(時事通信)

 日本人宇宙飛行士山崎直子さんの搭乗が国内の注目を集める中、年内に退役する予定のスペースシャトル。一方、北九州市内のテーマパーク「スペースワールド」には1990年4月のオープン時から、本物と同じ大きさのシャトルのレプリカが設置されている。
 高さ約60メートルで、園内にそびえ立つシャトルは20年間、宇宙への興味津々でやってくる家族連れを見守り、時には目の前で結婚式を挙げたのカップルを祝福してきた。スペースワールドでは、「本物の引退は残年だが、宇宙開発やパークの記念碑として末永く愛してもらいたい」と、テーマパークの象徴として引き続き「現役」を続けてもらう方針だ。 

【関連ニュース】
〔地域の情報〕古き良き時代伝える「おっちゃんの宝物」刊行=和歌山
〔地域の情報〕「徳川家康検定」を実施=愛知県岡崎市
〔地域の情報〕「武田兵糧丸」を銘菓に=山梨県
〔地域の情報〕三大桜の「淡墨桜」が見ごろ=岐阜県本巣市
〔地域の情報〕キーホルダーで阿波あいをPR=徳島県

八ッ場ダムPR施設、中止宣言で来館者4・6倍(読売新聞)
平等院鳳凰堂 CGでよみがえる色や文様(毎日新聞)
中垣喜彦・石炭エネルギーセンター会長 日本の石炭火力技術で温暖化対策に貢献を(産経新聞)
<器物損壊>レクサス2店のガラス割られる 名古屋(毎日新聞)
【政策を問う】石炭エネルギーセンター 中垣喜彦会長(産経新聞)
2010.04.1920:15

次世代車普及、2020年に最大50%に…経産省(レスポンス)

経済産業省は12日「次世代自動車戦略2010」を公表。そのなかで、ハイブリッド自動車や電気自動車など次世代自動車の国内新車販売台数に占める割合を、2020年に最大50%とする目標を掲げた。

関連写真

最大50%とした目標は政府によるインセンティブ実施が前提となっており、民間努力によるケースでは20%未満と予想、政府による積極的な政策支援の必要性を唱えた。また、2020年新車販売台数で最大80%を、従来車の環境性能を引き上げたものと次世代自動車を含んだ「先進環境対応車」(ポストエコカー)とする目標となっている。

次世代自動車戦略2010は、自動車工業会の青木哲会長などが委員を務める「次世代自動車戦略研究会」が、自動車や関連産業及び社会全体の中長期的な対応のあり方に関する新たな戦略を構築すべくで検討したもの。

《レスポンス 椿山和雄》

【関連記事】
エコカー補助金、1年間で2865億…多い? 少ない?
【新聞ウォッチ】電気自動車、“安値日本一”競い早くも火花
【新聞ウォッチ】高速道の上限料金制度、「エコカー割引」も検討へ
【新聞ウォッチ】経産省試案、2020年の新車販売はエコカー5割
経済産業省 特別編集

空自の緊急発進、昨年度299回=ミサイル発射前後の北朝鮮機に8回(時事通信)
住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度-政府(時事通信)
<火災>ゴルフスイングで火花? ゴルフ場の芝焼ける 宮城(毎日新聞)
雑記帳 うれしいな、さっちゃん JR船橋駅(毎日新聞)
職員が288万円持ち出し=40年前から簿外資金も-旭川商工会議所(時事通信)
2010.04.1220:44

「たちあがれ日本」旗揚げ=反民主、「第三極」目指す-平沼、与謝野氏ら5議員(時事通信)

 無所属の平沼赳夫元経済産業相(70)、自民党に離党届を提出した与謝野馨元財務相(71)らは10日午後、都内のホテルで記者会見し、新党「たちあがれ日本」の結党を発表した。政党要件を満たす国会議員5人で発足し、代表には平沼氏、「共同代表」に与謝野氏が就任。夏の参院選で民主、自民両党から離れた有権者の受け皿となり、「第三極」として影響力を確保することを目指す。
 たちあがれ日本の結党メンバーは、平沼、与謝野両氏のほか、いずれも自民党に離党届を出した園田博之前幹事長代理(68)、参院議員の藤井孝男元運輸相(67)、中川義雄氏(72)。会見には党名を命名した石原慎太郎東京都知事も同席した。 

病腎移植、6日に3例目実施 宇和島徳洲会病院(産経新聞)
<普天間移設>徳之島軸に調整 ホワイトビーチ断念へ(毎日新聞)
スリ未遂容疑、気象庁係長逮捕「何回かやった」(読売新聞)
橋下知事「スケベ心は持たぬ」 大阪維新の会、国政と一線(産経新聞)
<土門拳賞>鈴木龍一郎氏に表彰状など贈られる(毎日新聞)
2010.04.0721:49

<普天間問題>沖縄県内移設に反対…国会前で座り込み(毎日新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題を巡り、沖縄県民らが6日、県内移設の断念を求め、東京・永田町の国会前で座り込み活動を始めた。「反戦地主」として知られる読谷村議、知花昌一さん(61)らの呼びかけで行われ、県民ら約3000人の参加を目標にする。【曽田拓】

【関連ニュース】
普天間移設:徳之島、4200人「反対」…島守ろうと集会
普天間移設:沖縄・うるまで反対集会
普天間移設:結論出ない場合首相辞任は当然…下地氏が発言
普天間移設:うるま市民団体「反対」申し入れ
普天間移設:交渉で実務者チーム 首相が設置指示

米大統領補佐官と電話会談=「普天間」早期解決を確認-岡田外相(時事通信)
理容店にトラック突っ込む=運転手死亡、女性2人軽傷-熊本(時事通信)
証拠ないのに発表、違和感…銃撃事件で元長官(読売新聞)
<霧信号所>根室、小樽の霧笛消える(毎日新聞)
名古屋の男性遭難か=山中で発見の男性死亡-福井・荒島岳(時事通信)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。